更年期による肌の変化

更年期と肌の関係

更年期でお肌の変化

40代後半ごろから急にお肌が・・・・・

どうして?

年齢的に仕方ないのだろうか?

原因は?

 

更年期に入りエストロゲンが減少してきたことが原因のひとつです。

美肌成分を作り出す繊維芽細胞という肌細胞の働きが低下し肌の潤いがなくなりシワやたるみ、くすみなどがあらわれます。

 

肌トラブルはお顔だけではなく身体も同じことです。

角質層には潤いを蓄え乾燥と刺激からお肌を守るバリア機能と呼ばれる役割がありますが、エストロゲンの減少によりバリア機能が衰えます。

衰えると敏感肌になり、かゆみ、赤み、かぶれなどの症状がでたりします。

 

更年期のお肌には保湿が必要

更年期のお肌には保湿

顔や身体を洗うとき洗いすぎに注意をする。

身体を洗うタオルは刺激をあたえないものにする。

お風呂上りにはお顔のスキンケアだけでなく身体にもしっかり保湿をします。

 

紫外線からお肌を守る

肌老化の大きな原因は紫外線と乾燥。

紫外線は一年中降り注いでいるのでUV効果のある化粧品を使用し帽子、サングラス、日傘などを使用する。

 

規則正しい生活を行い睡眠をとる

美容のため睡眠をとる

睡眠中に肌老化を防いでくれる成長ホルモンが分泌されるので規則正しい生活をしましょう。

肌トラブルの原因はエストロゲンの減少にあるので女性ホルモンの働きをもたらしてくれる大豆やイソフラボンを食生活にとりいれましょう。

食事でとれないようでしたらサプリメントをとるのも有効です。

もう年齢が年齢だからと諦めてしないでしょうか?

原因を知り対策をとればいつまでも美を保つことはできます。

 

若返りの小顔矯正で見た目年齢をかえます!

ビフォーアフター

痛くない小顔矯正