合成界面活性剤とは

合成界面活性剤は簡単に言うと「水」と「油」は本来混ざりあわないものを混ぜ合わせるために使うものです。

 

合成界面活性剤のデメリット

合成界面活性剤の浸透・湿潤さようによりお肌の皮脂膜が壊されたり、タンパク質変性をおこしやすくなります。入荷作用によって皮脂分を奪われる危険も考えられます。

 

合成界面活性剤のメリット

汚れを吸着させうかせますので、手で何度もお肌を摩擦しないですみます。分散「作用によって洗顔料の分離を防いだり、色などの成分にムラがでないようにすることが可能です。

 

合成界面活性剤の捉え方

合成界面活性剤は、洗顔料をはじめ他の化粧品にも用いられ、洗濯洗剤、食器洗剤、パンやチョコレートなどの食品、医薬品の中にも含まれています。

私たちの生活を快適にしてくれるものではありますが、極力お肌に負担がかからないものを選ぶことが老化防止を目指す第一歩です。

 

いくつかの合成界面活性剤は皮膚表面の常在菌を殺し、お肌のタンパク質を壊してしまう危険をはからんでいます。タンパク質が損なわれてしまうと、本来なら分子が大きくて表皮に侵入しない防腐剤や、殺菌剤、色素、香料などが浸透しやすくなります。その結果、肌荒れや乾燥、シミ、シワなどのスキントラブルを起こしている可能性があります。

 

 

 化粧品配合成分:よく使用されている合成界面活性剤

カルボン酸

ラウリルヒドロキシスルタイン

トリイソステアリン酸PEG-20グリセル

ココイルグリシンK

ラウリルヒドロキシスルタイン

ラウリルグルコシド

ラウリルペタイン

コカミド

ポリグリセリルー4ラウリルエーテル

ムクロジエキス

リゾレシチン